山本昌が“平成最多勝” 27年間プレーで唯一の200勝

[ 2018年4月24日 08:41 ]

各部門の平成No・1は?

現役時代の中日・山本昌
Photo By スポニチ

 勝ち星No・1は山本昌。50歳まで現役を続け平成だけでも27年間プレー、唯一の200勝投手となっている。

 平成から採用されたホールドは山口鉄(巨)と宮西(日)のマッチレース。奪三振王は三浦大輔で確定的。現役終盤は奪三振のイメージは薄かったが、05年に最多奪三振のタイトルを獲得するなど25年間、数字を積み重ねた結果だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月24日のニュース