楽天・岸11カ月ぶり本拠白星へ ロッテ打線の「足」警戒

[ 2018年4月24日 05:30 ]

マウンドから投球する岸
Photo By スポニチ

 楽天・岸が24日のロッテ戦で昨年5月28日の西武戦以来、約11カ月ぶりとなる本拠地勝利を目指す。楽天生命パーク宮城で行われた練習でマウンドの感触を確かめた右腕は「いつか勝てますよ」と話したが、もちろん早々に負の連鎖を断ち切るつもり。

 ロッテのチーム盗塁数は23で西武と並んでリーグトップ。「どのチームよりも足が使える選手が多い。何とかしないと」。まずは塁に出さないことを心掛ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月24日のニュース