牧田2回零封 復調に手応え「最低限の仕事できた」

[ 2018年4月24日 05:30 ]

ナ・リーグ   パドレス2―4ダイヤモンドバックス ( 2018年4月22日    フェニックス )

ダイヤモンドバックス戦の6回から登板し、2回を無安打無失点だったパドレス・牧田
Photo By 共同

 パドレスの牧田は2点ビハインドの6回に2番手で登板し、2回を無安打無失点。5試合ぶりに安打を許さず「最低限の仕事はできた。球の強さよりもコントロールと切れを意識した」と納得の表情だった。

 力みで手投げで体が開いていたことに気付き、練習からリリースポイントを意識したという。「脱力してリリースできれば持ち味は出る」と復調に手応えを感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月24日のニュース