広島、連勝ストップも猛攻見せた 田中「切り替えが大事」 

[ 2018年4月21日 05:30 ]

セ・リーグ   広島7―11中日 ( 2018年4月20日    ナゴヤD )

2回2死、同点ホームランを放った安部(左)を迎える広島ナイン
Photo By スポニチ

 広島は20日の中日戦(ナゴヤドーム)で再逆転を許して敗れ、連勝は5で止まった。投手陣が今季ワーストの20安打11失点と大炎上した一方で、攻撃陣は4時間56分に及ぶ激闘からの一夜明けでも力強かった。

 結果的に打ち負けたが、相手の竜とは野球の質が違う。そんな思いを強くする攻撃だった。左翼席に陣取る赤ヘル党を歓喜させた粘り腰は、2点を追う終盤7回だ。「6番・右翼」で今季7度目の先発出場を果たした堂林が口火を切ってみせた。

 「守備がモタついていたので行けると思った。ああいうプレーは、常日ごろから心がけていることなので」

 先頭打者で小笠原のスライダーを叩くと、相手守備陣が譲り合った打球は左中間にポトリと落ちた。さらに処理が緩慢と見るや、一気に二塁を陥れる(記録は二塁打)好走塁。相手のわずかなスキを見逃さない。まさにカープの野球だった。

 これを起点に1死満塁と好機を拡大し、田中が勝負強さを発揮する。カウント1―1からの内角高め直球を右前2点打で同点。東海大相模の後輩・小笠原からは、3月30日の開幕戦でも決勝の2点打を放っており、相性の良さを発揮した。

 「高めの球を上から叩くことができた。何とか走者を還したかったので、いい所に落ちてくれて良かった」

 なおも一、三塁で打席に菊池。初回に左越え4号先制弾を放っている2番打者は、高めのチェンジアップを捉えて左中間を破った。鮮やかな適時二塁打。これに相手の中継ミスが重なって田中が生還し、菊池も三塁を陥れると、バティスタの左犠飛で7点目のホームを踏んだ。菊池は振り返る。

 「必死に打ちにいった結果。ヒットになって良かった」

 延長12回に及んだ前夜のヤクルト戦。今季初のサヨナラ勝ちを納めた時、時計の針は午後10時56分をさしていた。一夜明け、ナインは午前8時台の新幹線で名古屋入り。多少なりとも疲労があるはずだが、全く感じさせない波状攻撃は見事の一語だ。田中は言う。

 「結果に一喜一憂せず、切り替えが大事」

 投手陣が再逆転を許し、連勝は5で止まった。だが、案じることはない。頼もしい攻撃陣は、今日以降のリベンジを誓っていた。 (江尾 卓也)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月21日のニュース