【牧田和久 Enjoy MLB Life】愛車は12万円の電動バイク「快適なんです」

[ 2018年4月18日 10:30 ]

自宅を出て愛車の電動バイクで球場に向かいます
Photo By スポニチ

 今季からパドレスに入団した牧田和久投手(33)が、メジャー1年目の戦いを語る新企画「Enjoy MLB Life」がスタート。独特の投球スタイルを武器に最高峰の舞台に挑む「日本のサブマリン」が、グラウンド内の出来事から初めての異国での生活まで、新鮮に感じたものをプライベート写真とともに隔週水曜付でお届けします。

 1回目のコラムは、僕のサンディエゴでの愛車を紹介します。愛車と言っても、車ではなく、折り畳み式の電動バイク。「自転車より楽で、バイクより手軽」というのが売りで、今は本拠地球場のペトコ・パークのすぐ近くに住んでいるので、これが快適なんです。

 「RAYCON」という会社の電動バイクで、値段は日本円で約12万円。米国では人気で、あのジャスティン・ビーバーも愛用しているそうです。チームメートが乗っているのを見て「いいなあ」と思い、クラビー(クラブハウスのスタッフ)に頼んで買ってきてもらいました。時速20キロくらいスピードが出て、フル充電で50キロ近く走行できます。しかも、球場の中まで入っていくことができるので便利。いかにも米国らしいですね。

 サンディエゴは天気もいいし、街の雰囲気も気に入っています。メジャーは休みもほとんどないし、今は野球に集中しているので、自宅と球場の往復だけですが、オフは時間があれば、いろいろ回ってみたいですね。

 パドレスはナイスガイばかり。ロイヤルズから移籍してきたホスマーはチームの顔ですが、人間としても本当に素晴らしい。移籍1年目は非常にやりやすい環境で野球をやらせてもらっています!(パドレス投手)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月18日のニュース