DeNA 飯塚 今季初白星逃すも父・満喜さん悪いなりにゲームを作ってくれたと思います」

[ 2018年4月17日 22:00 ]

セ・リーグ   DeNA2―3巨人 ( 2018年4月17日    新潟 )

先発の飯塚                                                                                                                                                 
Photo By スポニチ

 新潟県出身で日本文理OBのDeNA・飯塚悟史投手にとって、初の凱旋登板となった17日のハードオフエコスタジアム新潟での巨人戦。先発して5回2/3を5安打2失点と好投したものの、チームは逆転負けで今季初白星を逃した。

 球場には2万5010人の大観衆が駆けつけ、その中には飯塚の両親の姿も。息子の投球を見守った父・満喜さんは「自分の息子が登板する試合はゆっくり見ていられないですね。多くの新潟のファンの皆さんから声援をもらって、本人も嬉しかったと思います。調子は良くなかったかもしれませんが、悪いなりにゲームを作ってくれたと思います」と球団を通じてコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月17日のニュース