【17日の2軍戦】ロッテドラ1 安田2号弾 3安打2打点の活躍

[ 2018年4月17日 19:11 ]

 プロ野球のファームは17日、ナイター1試合を含めてイースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 巨人―ロッテ戦(ジャイアンツ)はロッテが9―2。ドラフト1位・安田が6回に2号ソロを放つなど3安打2打点。大嶺翔が3安打1打点だった。先発のドラフト5位・渡辺は5回3安打無失点でハーラートップの3勝目(2敗)。巨人先発・大江は5回1/3を9安打4失点(自責3)で3敗目。

 西武はヤクルト戦(戸田)に延長10回、3―2で勝利。延長10回に斉藤彰が決勝の左前打を放った。4番手で2回1安打1失点(自責0)のドラフト3位・伊藤が公式戦初勝利(1セーブ)。ヤクルトは1番・上田が3安打1打点。先発・小川は5回4安打2失点(自責1)、2番手・館山は1回1安打無失点だった。

 ナイターの楽天―日本ハム戦(楽天生命パーク)は楽天が4―1。育成の山田が1号ソロ、フェルナンドが2号ソロを放った。先発・古川が6回2安打7奪三振無失点の好投で1勝目(1敗)。日本ハム先発・吉田は7回6安打4失点(自責2)で3敗目(1勝)。

 オリックスは阪神戦(鳴尾浜)に4―1で逆転勝ち。5番・吉田雄が2安打1打点。3番手の榊原が1回無安打無失点で1勝目(1敗1セーブ)を挙げた。阪神は陽川が2回に1号ソロ。4番手の尾仲が1回2安打2失点(自責1)で2敗目。

 中日はソフトバンク戦(タマスタ筑後)に5―1。先発・大野雄は6回3安打1失点(自責0)で9三振を奪って2勝目。4番・モヤが2安打1打点だった。ソフトバンク先発・飯田は5回4安打3失点(自責2)で1敗目。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月17日のニュース