菜七子 ロッテ戦で始球式 3週間練習も「悔しいです」

[ 2018年4月17日 18:28 ]

始球式を行う騎手の藤田菜七子
Photo By スポニチ

 「宝仙堂の凄十パワーナイター」として行われたロッテ―オリックス戦(ZOZOマリン)の始球式を人気のJRA女性騎手、藤田菜七子(20)が務めた。

 小雨が降る「重馬場」での登板となったが、「775(菜七子)」と入ったオリジナルの「勝負服」でさっそうと登場。厩舎前で3週間練習してきたという1球は、ツーバウンドで捕手の田村のミットにおさまり、「悔しいです。けっこう練習してたんですけど」と、苦笑いを浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月17日のニュース