巨人・山口俊 粘投宣言「先制点を与えないこと」

[ 2018年4月17日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2018年4月17日    新潟 )

ストレッチする山口俊
Photo By スポニチ

 巨人先発の山口俊も「何とか粘れたらいい」と意気込んだ。新潟では救援も含めて4試合に登板して1勝0敗、防御率0.00と好相性だ。

 上原が一時的に勝利の方程式から外れることが決まり、高橋監督は「どこで投げさせるかは、展開によって変わる」と話す。それだけに、山口俊は「先制点を与えないこと。長いイニングを投げたい」と力を込めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月17日のニュース