オリ西 初星へ先発順再編 開幕投手との投げ合い避ける

[ 2018年4月17日 05:30 ]

オリックスの西
Photo By スポニチ

 オリックスは先発順を再編し、開幕投手を務めた西は21日の楽天戦へ回った。3試合連続でクオリティー・スタート(6回以上で自責点3以内)を記録しながらソフトバンク・千賀、西武・菊池らに敗れて3敗。初勝利へ開幕投手との投げ合いを避けた形だ。

 楽天・則本の先発が見込まれる20日はディクソンに託し、21日は美馬との対戦。福良監督は「西はいい投球を続けているだけに早く勝ちを付けてあげたい」と背中を押した。

 17日からのロッテ3連戦は金子、アルバース、登録を外れていた田嶋の順番。開幕から5カード連続で勝ち越せない最大の要因は初戦黒星にあるだけに「カードの頭を取らないと。まずは金子にね」とエースの快投を期待した。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月17日のニュース