PR:

日体大 武蔵大下しタイ 東妻、7回零封2勝目「スライダーが決まった」

首都大学野球春季リーグ   2回戦 日体大3―0武蔵大 ( 2018年4月15日    小野路 )

<日体大・武蔵大>7回無失点の好投を見せた日体大・東妻
Photo By スポニチ

 日体大が武蔵大を下し、1勝1敗とした。ドラフト1位候補の152キロ右腕・東妻(あづま)勇輔投手(4年=智弁和歌山出身)が7回4安打8奪三振、無失点で今季2勝目を挙げた。最速151キロを計測した直球に加え「スライダーが決まっていたので、相手も絞りきれなかったと思う」と東妻。4回2死一、二塁のピンチではスライダーを3球続け、全て空振りの3球三振に仕留めた。5回2死一、二塁でも4番・姫野を内角から曲がるスライダーで見逃し三振に斬った。

 150キロ右腕の松本航投手(4年=明石商出身)とともに「ドラフト1位候補」と注目を浴びるシーズン。東妻は「いいところを見せようと気負いすぎていた」という。14日に武蔵大に敗れて後がなくなったこの日は「吹っ切れた。気負いすぎてもいいことない。必死で投げるだけなので」。船山貴大内野手(4年=日大三出身)を1番に置いた打線も機能し、昨秋日本一チームらしい快勝を果たした。

[ 2018年4月15日 17:39 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月19日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム