ハム上沢7回1失点で今季初勝利 中田&清水に1発 ソフト東浜は開幕2連敗

[ 2018年4月10日 22:02 ]

パ・リーグ   日本ハム4―1ソフトバンク ( 2018年4月10日    ヤフオクD )

好投する日ハム先発の上沢
Photo By スポニチ

 日本ハムが中盤に得点を積み重ね、ソフトバンクに先勝。先発の上沢が7回を5安打、1失点の好投で、今季初勝利を挙げた。

 序盤は両チームともにチャンスをつくるも無得点。4回、日本ハムは1死満塁の好機で1番・西川の適時打で1点を先制した。

 6回に8番・清水の本塁打で1点を追加。その裏にソフトバンク・デスパイネの本塁打で1点を返されるが、7回に中田の本塁打で再び2点差とした。

 8回は大田が二塁打と敵失で三進。横尾の適時打により4点目を挙げ、試合を決めた。

 ソフトバンクはデスパイネの今季初本塁打による1点のみ。2回の1死満塁の好機を生かしきれなかった。先発・東浜は7回3失点で開幕2連敗となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月10日のニュース