ハム・アルシア、右ひじ打撲 初回に死球受け途中交代

[ 2018年4月10日 20:52 ]

パ・リーグ   日本ハム―ソフトバンク ( 2018年4月10日    ヤフオクD )

初回1死、死球を受け途中交代したアルシア
Photo By スポニチ

 日本ハムのアルシアが10日、福岡市内の病院で精密検査を受け、右ひじの打撲と診断された。

 同日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)初回の第1打席で右ひじに死球を受け、途中交代した。11日以降の出場は当日の様子を見て判断する。

 メジャー通算44本塁打を誇る強打者で、この試合は今季初の2番で出場。打撃好調をキープしていたが、10試合で4死球と災難が続いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月10日のニュース