ロッテ福浦 球団単独最多2162試合出場 榎本喜八抜く

[ 2018年4月10日 19:46 ]

パ・リーグ   ロッテ―西武 ( 2018年4月10日    ZOZOマリン )

<ロ・西>5回終了で試合成立となり、2162試合出場の球団新記録を達成した福浦は記念のボードを掲げる
Photo By スポニチ

 25年目のベテラン、ロッテ・福浦が11日、西武1回戦で球団歴代最多を更新する2162試合出場を達成した。

 「7番・DH」でスタメン出場し、 試合成立となる5回終了後に記念のボードを掲げてファンの歓声に応えた。2161試合出場で並んでいた榎本喜八を抜き、単独最多となった福浦は7回に左翼線二塁打を放ち、通算2000安打にもあと32本とした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月10日のニュース