楽天 岸6回1失点で今季初勝利、ペゲーロ貴重2ラン オリ5連敗

[ 2018年4月10日 21:35 ]

パ・リーグ   楽天4―2オリックス ( 2018年4月10日    京セラD )

<オ・楽>力投する楽天先発の岸
Photo By スポニチ

 楽天が先発岸の好投でオリックスを下し、連敗を2で止めた。岸は6回1失点で今季初勝利を飾った。オリックスは5連敗で単独最下位。

 初回1死一、三塁からウィーラーの内野ゴロで先制すると、3回2死二塁からペゲーロの右越え2号2ラン、5回にもオリックス・金子の暴投で1点を加えた。

 投げては岸が3回までパーフェクト、4回以降は走者を出しながらも6回1失点に踏ん張った。救援陣は福山、ハーマン、松井とつないでリードを守った。

 オリックスは先発金子が通算1500奪三振を達成したが序盤に安定感を欠き5回4失点、打線も中盤の好機を生かし切れずチームの連敗を止められなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月10日のニュース