広島・会沢、円陣効果だ先制打!「上手くフォークを拾えた」

[ 2018年4月10日 19:15 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2018年4月10日    甲子園 )

<神・広>2回2死一、三塁、会沢は左線に先制の適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 広島・会沢翼捕手(29)は、阪神先発の小野から左翼線への適時二塁打を放って先制に成功した。0―0で迎えた2回2死一、三塁とこの日初の好機を逃さなかった。

 「次の打者が投手だったので、何とかランナーを還そうと思いました。上手くフォークを拾えましたね」

 2回の攻撃前には、初回の三者凡退をうけて早速ベンチ前で円陣を組んだ。その効果もあってか、コイ打線が機能。続く投手の薮田も右前で適時打を放ち、2点を先制した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月10日のニュース