東都2部・日大コーチに片岡昭吾氏が就任

[ 2018年4月10日 17:47 ]

 東都大学リーグ2部日大野球部のコーチに元JR東日本野球部コーチの片岡昭吾氏(40)が就任したことが10日、わかった。

 日大OBの片岡氏は巨人・片岡治大2軍内野守備走塁コーチの実兄。日大からJR東日本入社後は強打者として活躍。09年から16年までコーチを務め、11年都市対抗優勝などに貢献した。この日、相模原球場で行われた春季リーグ戦開幕戦・国士舘大戦では三塁コーチを務めた。大学野球の指導は初めてで「大学4年間を意味のあるものにしてほしい。なんとか勝たせてあげたい」と話した。

 仲村恒一監督は「実績ある片岡コーチが来てくれてとても助かっている」。日大は昨秋駒大との入れ替え戦に敗れて6季ぶりに2部降格。開幕戦は惜しくも敗れたが、新たな力で1部復帰を目指す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月10日のニュース