マックス・シャーザー 34年ぶり快挙達成!2桁奪三振での完封&盗塁

[ 2018年4月10日 14:45 ]

ナ・リーグ   ナショナルズ2―0ブレーブス ( 2018年4月9日    ワシントン )

<ナショナルズ・ブレーブス>完封で今季2勝目を挙げたシャーザー (AP)
Photo By AP

 ナショナルズのマックス・シャーザー投手(33)が9日のブレーブス戦に先発して2安打完封勝利。10三振を奪う快投で今季2勝目を手にしたが、2―0とリードの7回には二塁へ自身メジャー初となる盗塁も決め、快足も披露した。

 盗塁を決めたのは高校以来というシャーザー。試合後には「あの場面は盗塁できる状況だった。スピード十分だったと思うよ」と自身の走力を自画自賛していた。メジャーリーグの公式サイトによると、登板した試合で完封勝利と2桁奪三振をマーク、さらに盗塁を決めたのは、ノーラン・ライアンが1984年に記録して以来で、34年ぶりの快挙だという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月10日のニュース