Dバックス平野 リード守り切り今季3ホールド目 2点差の登板で1回1失点

[ 2018年4月10日 14:23 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス2―1ジャイアンツ ( 2018年4月9日    サンフランシスコ )

ダイヤモンドバックスの平野 (AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手(34)が9日(日本時間10日)のジャイアンツ戦にリリーフ登板。2番手として1回1安打1失点の内容で今季3ホールド目を挙げた。

 2連投となった平野は2―0とリードの8回から登板。先頭の6番・クロフォードにいきなり右中間への二塁打を許すと、7番・ペンスの右飛でクロフォードは三塁へ進塁。平野は8番・ブランコをニゴロに打ち取ったが、この間にクロフォードが生還した。

 それでも、代打・サンドバルを空振り三振に切って取り、同点は許さず。リードを守り切った平野は5日のカージナルス戦以来となるホールドを手にした。試合はこのまま1点差を逃げ切ったダイヤモンドバックスが勝利した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月10日のニュース