元巨人マイコラス ブルワーズ戦に先発も7回途中4失点で勝敗つかず

[ 2018年4月10日 12:00 ]

ナ・リーグ   カージナルス4―5ブルワーズ ( 2018年4月9日    セントルイス )

<カージナルス・ブルワーズ>先発したマイコラス (AP)
Photo By AP

 昨季まで日本のプロ野球、巨人で活躍したカージナルスのマイルズ・マイコラス投手(29)が9日(日本時間10日)のブルワーズ戦に先発。7回途中、6回1/3を投げて8安打4失点という内容で勝敗はつかなかった。チームは延長戦の末、4―5で敗れた。

 マイコラスは2回に2本の適時打で先制されると、1点リードの4回にも逆転の2点適時打を献上。1点ビハインドの7回に1死から安打を許したところでマウンドを降りたが、9回に味方打線が同点に追いつき、黒星を免れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月10日のニュース