駒大 開幕戦白星 OB中畑氏ら見守る中、5季ぶり1部復帰戦

[ 2018年4月10日 05:30 ]

東都大学野球第1週第1日   駒大8―3立正大 ( 2018年4月9日    神宮 )

<駒大・立正大>4回2死、満塁本塁打を放ち、酒井良(左)緒方(右)とハイタッチする駒大・岡田耕
Photo By スポニチ

 駒大が5季ぶりに復帰した1部で開幕戦白星を挙げた。4番・岡田耕が2点リードの4回に左越え満塁弾でダメ押し。エース辻本が10安打されながら完投した。

 太田誠元監督やOBの中畑清氏らが見守る前で豪快な一発を放った岡田耕は「打てて良かったし、初戦を取れて良かった」。監督として1部初勝利を挙げた大倉孝一監督は「目指すのは当然優勝。どれも大事な試合」と引き締めていた。

 ▼立正大・坂田精二郎監督 開幕に合わせて、この結果は恥じないといけない。もう一度見つめ直してやっていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月10日のニュース