平野、疲労を考慮して連投を回避 指揮官「本番でどんどん投げてもらう」

[ 2018年3月22日 10:14 ]

 ダイヤモンドバックスの平野はマイナー選手を相手に投げて連投となる予定だったが、疲労の蓄積を考慮した首脳陣からストップがかかった。自身は「連投しようと思えばいつでもできる状態」と言い、キャッチボールなどをこなした。

 ロブロ監督から「少し疲れているので、無理はするな」と告げられたという。ただし、同監督からは「『本番でどんどん投げてもらうからね』と言われた」と明かした。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月22日のニュース