PR:

東大出身ハムドラ7宮台 24日2軍DeNA戦でプロ初登板へ

日本ハムドラフト7位の宮台
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト7位・宮台(東大)が、24日のイースタン・リーグDeNA戦(鎌ケ谷)でプロ初登板する。

 2月上旬に腰痛を発症して出遅れていたが、この日鎌ケ谷の2軍施設でランニングなどで汗を流した左腕は「自分のペースでやってきて準備はできた」と万全を強調。「あとはマウンドでいいパフォーマンスができればいい」と力を込めた。東大出身の最速150キロ左腕は2軍では打撃投手を務めて、打者に投げ込む感覚を養ってきた。プロ入り後初めての実戦登板に向け「どういうものかを感じながら自分の持ち味を出して投げたい」と語った。

[ 2018年3月22日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月20日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム