西武ドラ1斉藤大 2軍落ち決定「どうしたらいいのか…」

[ 2018年3月22日 05:30 ]

オープン戦   西武3―3楽天 ( 2018年3月21日    メットライフD )

<西・楽>6回1死二塁、アマダーに2ランを打たれた斉藤大
Photo By スポニチ

 西武ドラフト1位・斉藤大(明大)の2軍落ちが決まった。6回に2番手で登板も、1死一塁からアマダーへのチェンジアップが甘く入って特大の2ランを被弾。これでオープン戦3試合全てで失点し、防御率11.37となった。

 「大学、高校の時より悪いんじゃないかと…。何でこうなったのか分からない。どうしたらいいのか…」と斉藤大。制球力などが課題で、土肥投手コーチは「しっかり自分の形を取り戻してほしい」と話した。

 ▼西武・カスティーヨ(5回3安打1失点。開幕5戦目の4月4日のソフトバンク戦での先発が決定)試合前には温かいお風呂に入った。全体的にはそんなに悪くなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月22日のニュース