PR:

広島・奨成“初陣”で初安打 平凡ゴロが内野安打に「ラッキーです」

内野安打を放つ中村奨
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18=広陵)が17日、ウエスタン・リーグ開幕戦となった中日戦(ナゴヤ)で公式戦初安打を記録した。昨夏の甲子園大会で個人最多6本塁打を放ち「輝いた男」は、やはり違う。雨で一日遅れとなった2軍での公式戦デビュー。四球、右飛で迎えた6回の第3打席で中村奨が「神ってる」ぶりを発揮した。

 3ボール1ストライクから中日の左腕・笠原の直球を捉えた打球は三塁への平凡なゴロ。またも凡退かと思われた瞬間に、野球の神様が気分を変えた。捕球した三塁・石垣は三塁を踏んでの封殺を狙ったが、二、三歩進んだところで間に合わないと判断し、慌てて一塁送球に切り替えた。ただ、俊足でもある中村奨が疾走する姿を見て焦りが生じたのか、手元が狂い、ワンバウンドとなった送球を一塁手・石岡も止められず。ボールは転々と一塁側ブルペンへ転がる間に「H」ランプが灯った。

 「神ってる劇場」はこれで終わりではなかった。石岡が一塁から一気に生還を狙った磯村を刺そうと本塁へ送球したが、そこはブルペン。投手を打球から守るために設置されていた防球ネットに当たり、ボールはまたブルペンへと跳ね返った。コントのようなプレーの間に2走者が還り、中村奨も三塁へ。4―1とリードを広げ、結果的に4―3だっただけに、勝利を呼ぶ一打となった。

 描いていたものとは違う初安打に、中村奨は「あれはラッキーです」と苦笑いするしかなかったが、水本2軍監督は「一生懸命走っていたから。安打が出るのはいいこと。どんどん勉強してほしい」とさらなる成長を期待した。

 9回無死では中日の守護神・田島と対戦。右飛に倒れたが「1軍の投手と対戦して、いい経験ができました」と収穫も手にした。3打数1安打1四球。「全く緊張はしなかった。結果は出なかったけど、しっかり振れたし、そこはよかったと思います」。確かな潜在能力に加え、幸運をも引き寄せる、魅力満載のドラフト1位。「持ってる男」を証明するデビュー戦だった。 (河合 洋介)

[ 2018年3月18日 07:37 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月20日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム