阪神・岩貞 譲らへんローテ!本領5回8K 金本監督「らしさ出てきた」

[ 2018年3月12日 05:30 ]

オープン戦   阪神6―3巨人 ( 2018年3月11日    甲子園 )

<神・巨>4回から登板し、力投を見せた岩貞
Photo By スポニチ

 左の先発枠は譲れない。4回から2番手で登板した阪神・岩貞は、快投を見せた高橋遥に負けじと腕を振った。後輩以上の5イニングを投げ、4安打2失点の8奪三振。開幕に向け上々の手応えをつかんだ。

 「最初の1球目のボールから腕を振って、自分の球を投げることを意識した。走者が出たところで粘ることはできたと思います」

 持ち味である投げっぷりの良さを“立ち上がり”から発揮した。先発マウンドは高橋遥に譲っても、実質的には先発調整。まずはマギー、長野、岡本という骨のある相手を3者凡退に仕留めて、ゲームに入った。3―1の6回1死一塁からゲレーロに外角低めのスライダーをすくい上げられ、左越え同点2ランを被弾。ただ、あくまでオープン戦だけに前向きにとらえた。

 「シーズンに入れば、そういうデータも出てくる。きょうの(被弾)は、次に対戦した時に“ここはダメ”というのが分かったんで、次に生かしたい」

 2死満塁とした7回は、代打の田中俊を3球三振。追加点を許さなかった内容に金本監督は「丁寧に行くところと、思いきり腕を振るところと、投げ分けていたんじゃないかと思う。らしさが出てきた。そりゃあ、高橋の球を見たらさ(笑い)。ちょっと焦っていると思うよ、俺は」と高評価だった。

 開幕ローテーションの左腕の枠は、能見が確定的。岩貞は、2軍で先発調整中の岩崎や高橋遥らとの比較の上で起用される見込みだ。もちろん、目標は1年間ローテを守り通すこと。開幕までアピールし続けるだけだ。(山添 晴治)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月12日のニュース