日本新薬7回逆転勝ち 元近鉄の吹石監督「ミスにうまくつけ込んだ」

[ 2018年3月12日 05:30 ]

第73回JABA東京スポニチ大会第1日・予選リーグCブロック   日本新薬3―1新日鉄住金東海REX ( 2018年3月11日    岩槻川通 )

<新日鉄住金東海REX・日本新薬>サインを出す日本新薬・吹石監督
Photo By スポニチ

 日本新薬は逆転勝ちで2年ぶりの優勝へ好発進だ。5回まで無安打に封じられたが、1点を追う7回1死一、二塁、吉野が左前へ同点打。なおも2死満塁から浜田が2点左前打を放った。

 元近鉄の吹石徳一監督は「なかなか打てなかったが、向こうのミスにうまくつけ込んだ」と笑顔。2回無失点と好救援した榎田は「チームに貢献したい。目標は優勝」と、力強く話した。

 ▼新日鉄住金東海REX・中村淳監督 中盤の勝負どころでミスがあった。松向は堂々と投げてくれた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月12日のニュース