銀次「これからも率先して」楽天にソフトB、ロッテも募金活動

[ 2018年3月12日 05:30 ]

オープン戦   楽天3―0中日 ( 2018年3月11日    倉敷 )

<楽・中>試合前、(右から)則本、岡島、銀次、平石ヘッドコーチ、梨田監督は復興支援の募金活動を行う
Photo By スポニチ

 楽天・梨田監督、則本ら3選手は中日戦を行う前に、復興支援のための募金活動を行った。

 ファンからの“気持ち”を受け取った岩手県出身の銀次は「一生忘れてはいけないこと。これからも率先してできることをやっていきたい」と話した。集まった26万114円は宮城県南三陸町などに寄贈し、スポーツ施設建設の資金に充てられる予定。また、ソフトバンクとロッテも北九州市民球場で募金活動を実施。他の各球場でも試合前に黙とうや半旗が掲げられた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月12日のニュース