ロッテ・ボルシンガー“怪投”4回零封 軟投派2ボーク4四球

[ 2018年3月12日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2―1ソフトバンク ( 2018年3月11日    北九州 )

<ソ・ロ>2ボーク、4四球も4回1安打無失点だったボルシンガー
Photo By スポニチ

 ロッテの新外国人ボルシンガーが先発ローテーション入りへ前進した。直球は130キロ台の中盤だが、打者の手元で不規則に動かし、12アウト中8個が内野ゴロ。2ボークを犯し、4四球を与える“怪投”ながらも4回1安打無失点に抑え込んだ。

 「結果だけ見れば無失点に抑えられたけど、もっとマウンドで修正できるようにしていかないといけない」

 制球難に加え、2回1死一塁と3回無死一塁でボークを取られたことなど右腕は反省しきりだが、体調不良を抱えたまま登板し、2回5失点だった3日の日本ハム戦と比べれば大幅に修正してきた。

 小林投手コーチは「ゴロを打たせる持ち味は出ていた。ある程度、結果は出してくれました」と評価。開幕ローテーションの合格点こそ与えなかったが「その(先発で投げる)ために獲得している」と期待を込める。

 「兄と相談した」と決めた背番号は86。遠征荷物が、間違えてコーチ室へ運ばれたこともあったが、マウンドでの不安要素は日に日に解消されている。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月12日のニュース