GT開幕戦に清宮差し込む!日テレがデビュー戦の2元中継検討

[ 2018年3月6日 09:35 ]

黙々と素振りをする清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手(18=早実)が、3月30日に日本テレビが中継する巨人―阪神の開幕戦(東京ドーム)で登場する可能性が5日、浮上した。シーズン開幕となる西武戦(札幌ドーム)で打席に立った際、異例の「2元中継」を検討。高校通算111本塁打を放った怪物ルーキーは、「伝統の一戦」の中でも注目される。

 記念すべき「デビュー」の瞬間が、多くの野球ファンに届けられることになる。高校通算111本塁打を放ち、2月の春季キャンプから注目を集める清宮。日本テレビ関係者は「タイミングが合えば中継を札幌ドームに切り替えるかもしれません」と2元中継の可能性を示唆した。

 セ、パ同時開幕となる3月30日。日本テレビは東京ドームで開催される巨人―阪神戦を地上波で放送し、清宮が出場する可能性がある札幌ドームの西武戦は同局系列のSTV(札幌テレビ)が中継することから、異例の対応を検討している。

 開幕戦で清宮が打席に立つ可能性は高い。日本テレビは99年6月15日に東京ドームの巨人―横浜戦と、西武ドームの西武―日本ハム戦を2元中継した実績がある。横浜高のエースとして甲子園春夏連覇を達成した西武ルーキー・松坂(現中日)の先発登板を中継。それに匹敵する注目度がある。

 1月に右手親指を打撲するなど調整は遅れたが、2月28日、今月1日の台湾・ラミゴ戦で2試合連続二塁打。オープン戦は4試合で無安打も計4四死球で出塁率・400だ。2月21日に屋外でのフリー打撃をスタートさせたばかりだが、プロの投手に対応している。

 首脳陣も清宮を「戦力」として認めている。札幌市内の室内練習場で行われた全体練習を視察した栗山監督も「(清宮は)たくさん1軍投手を見なければいけない」と今後も1軍に帯同する方針だ。結果を残せば、13年大谷(現エンゼルス)以来となる高卒新人の開幕スタメンも夢ではない。

 早実の大先輩であるソフトバンク・王貞治球団会長が巨人での現役時代にマークした868本塁打を目標に掲げる18歳。プロの世界でどんな一歩を踏み出すか、全国のファンが注目する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月6日のニュース