プロ注目法大・森田 ラストシーズン「チームの力になりたい」

[ 2018年3月3日 05:30 ]

復活を期す法大のプロ注目左腕・森田
Photo By スポニチ

 東京六大学野球連盟は2日、春季リーグの日程を発表。4月14日の開幕戦は昨秋覇者・慶大が東大と、12年秋以来の優勝を狙う法大は、同21日に昨春優勝の立大と初戦を行う。

 最速148キロを誇る左腕で、プロ注目の法大・森田は「優勝するためにチームの力になりたい」とラストシーズンへ気合十分。1年春に開幕投手を務めたが、左肘を疲労骨折して1年春を最後に公式戦登板がない。昨年2月に左肘を手術し、9月に実戦復帰。現役最多のリーグ戦15勝を挙げているドラフト候補右腕・菅野との二枚看板を目指す森田は「菅野に勝つくらいの気持ちでやる」と話した。

 また、同連盟は昨春と同様に新人戦「フレッシュリーグ」を行うことも発表した。4月15日から6月6日の予定。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月3日のニュース