東洋大4投手で1安打リレー 杉本新監督「失点が計算できる」

[ 2018年3月2日 05:30 ]

オープン戦で初采配を振った東洋大の杉本新監督
Photo By スポニチ

 東都大学リーグで昨年春秋連覇した東洋大が1日、埼玉・川越の同校グラウンドでセガサミーと今季初のオープン戦を行った。

 杉本泰彦新監督の初戦となったが、0―0で引き分け。先発・上茶谷が最速149キロを計測し5回1安打に抑えるなど4投手で1安打リレーに、指揮官は「失点が計算できる」と手応えを口にした。プロ注目右腕・甲斐野は最速150キロの直球で9回の1イニングを抑えたが、「カウントを悪くした。150キロの球が生きていない」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月2日のニュース