PR:

阪神・中谷“弱点”速球打ち 金本監督ニッコリ「収穫ですね」

オープン戦   阪神2―4ヤクルト ( 2018年2月24日    浦添 )

2回無死一、二塁、中谷は先制の左前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 単なる2安打ではない。阪神・中谷は直球を仕留め、課題克服を印象づけた。特に1本目はチームとしての今春オープン戦初適時打にもなり、存在感を示した。

 「チャンスだったので還そうと思っていたので、よかった」

 2回無死一、二塁の好機。相手は昨季阪神戦で3勝3敗、防御率3・00だったブキャナン。決して楽な投手ではない。特に球威のある直球には定評がある。その直球を打ち砕いた。2ストライクと追い込まれた後の3球目。やや内寄り高めの147キロ直球を左前へはじき返した。

 6回1死無走者ではカウント2―1から4番手・岩橋の外角低めの136キロ直球を中前打。4打数2安打1打点の好発進に「最近、結果が出ていなかったので、そこはよかった」とうなずいた。

 昨季チーム最多の20本塁打を放った和製大砲がさらなる高みを目指す上で課題に掲げられているのが速球への対応だ。昨秋キャンプから本格的に弱点克服に取り組み、オープン戦初戦から結果で示した。だから金本監督も「中谷が真っすぐを打てたということも収穫ですね」と成長に目尻を下げた。

 とはいえ、真のアーティストへの道のりはまだ長く険しい。9回1死無走者では打者有利の2ボールから秋吉の140キロ直球に詰まらされて遊ゴロ。片岡ヘッド兼打撃コーチからは「あのカウントから真っすぐに詰まっているようでは…」と苦言も呈された。今はとにかく目の前の課題を一つずつクリアし、開幕へ向かうのみだ。 (惟任 貴信)

[ 2018年2月25日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月20日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム