“ハムのゴジラ”森山が2発 横尾&清水と岩瀬から3者連続弾

[ 2018年2月25日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム6―4中日 ( 2018年2月24日    北谷 )

9回2死一、三塁、森山が右越えに3ランを放つ
Photo By スポニチ

 日本ハム打線が、ベテラン・岩瀬から3連発だ。5回1死、まずは3年目・横尾がスライダーを左翼席最深部へ突き刺した。続く2年目・森山は右越えソロ、4年目・清水の右越え弾で締めた。

 森山は9回にも丸山から右越え3ラン。「自分の持ち味は長打力。自分のスイングをすることを心掛けて打席に入った結果」とはにかんだ。昨季はイースタン・リーグ最多の18本塁打も、1軍では11打数無安打、9三振。今キャンプでは強いスイングを心掛けてフォーム固めに取り組んできた。ヤンキース、巨人で活躍した松井秀喜氏の後輩で、星稜時代に「ゴジラ2世」と呼ばれた。「大谷世代」の大砲候補は「この調子でどんどんアピールして、開幕1軍に残れるように」と照準を定めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年2月25日のニュース