×

ロッテ・ボルシンガー緩急自在 井口監督「良くなっている」

[ 2018年2月25日 05:30 ]

練習試合   ロッテ7―1西武 ( 2018年2月24日    春野 )

3回1失点の投球を見せたロッテ・先発のボルシンガー
Photo By スポニチ

 ロッテは対外試合初先発の新外国人・ボルシンガーが3回2安打1失点。3回は球が高めに浮いて失点したが、最速144キロながら緩急を駆使して打者のタイミングを外した。「直球はコントロールしづらかったが、他の球種は思い描いた投球ができた」。

 3奪三振も「ゴロを打たせれば球数を減らして長いイニングを投げられる」と技巧派宣言。井口監督も「前回(18日台湾・ラミゴ戦)より良くなっている」と評価した。先発ローテーション入りを目指すメジャー8勝右腕は「来週はもっと長いイニングを投げられれば」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年2月25日のニュース