広島・丸 実戦守備回避も 右肩違和感…すでに遠投は再開

[ 2018年2月21日 05:30 ]

広島の丸
Photo By スポニチ

 広島・丸が右肩違和感のため沖縄2次キャンプ中には実戦守備に就かない可能性が出てきた。

 20日は休日を返上して室内練習場でキャッチボールするなど状態を確認。「いい感じで段階は踏めている。寒くなると状態を上げにくくなるので、ここ(沖縄)で上げられるまで上げていきたい」と見通しを明かした。

 日南1次キャンプの第2クールから守備練習での返球などで全力で投げる動作を封印。計3度の紅白戦にも全てDHで出場し、今春最初の対外試合だった18日の中日との練習試合もDHでの1打席で出場を終えていた。2度の練習試合とオープン戦2試合が組まれた21日からの最終クールも守備出場には無理をしない見通しだ。

 50メートル程度のキャッチボールはこなしているように決して大事ではない。「何打席立てるか分からないけど、しっかり投手の球を打ちに行けているかどうかを確認したい」とまずは打撃面での仕上げに専念していくことになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月21日のニュース