西武・松井 紅白戦で2戦連続マルチ安打!メヒアの欠場で5番で出場、存在感示す

[ 2018年2月18日 18:14 ]

6回無死、今度は左打席で安打を放つ松井
Photo By スポニチ

 西武・松井稼頭央外野手兼テクニカルコーチ(42)が宮崎・南郷キャンプ最終日の18日、紅白戦で2戦連続となる2安打を放った。

 当初は紅組の6番・左翼で先発予定だったが、メヒアの欠場で5番・左翼で出場。6回に新人左腕の斉藤大から中前打を放つと、7回にも三塁強襲安打で3打数2安打をマークした。

 15年ぶりに西武に復帰し、南郷での1次キャンプを終え「まずはケガなくこの1次キャンプを過ごせてよかった。それが一番」と振り返ったベテラン。「久しぶりに(この時期の)実戦、特守も含めて追い込めた部分もあったし、その中でケガなくできた。これから体にキレが出てくると思ってやっていきたい」と19日の移動日をはさんで10日から始まる高知・春野での2次キャンプへ気持ちを引き締めていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年2月18日のニュース