PR:

大谷、初の打撃投手で安打性ゼロに抑える 五輪連覇の羽生を祝福

初の打撃投手を務める大谷(右)
Photo By スポニチ

 米大リーグ、エンゼルスの大谷が17日(日本時間18日)、キャンプ地のアリゾナ州テンピで初めて打撃投手を務め、マイナーリーグの打者2人に対し、30球を投げて安打性ゼロに抑えた。

 内容はストライク8球、ボール14球、ファウル6球で左飛1、遊飛1、三振2、四球2。変化球がすっぽ抜ける場面もあったが、上々の出来に「まず、しっかり投げられたのがよかった。よかったところもあるので継続して取り組んでいきたい」と話した。

 平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦は同じ1994年生まれで、同じ東北出身。大谷は「実際にテレビを見ていないのでわからないですが、凄いなーと思いました。おめでとうございます」と祝福した。

[ 2018年2月18日 05:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月21日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム