DeNAドラ1東、ブルペンで60球 制球力発揮「70点」

[ 2018年2月14日 05:30 ]

タオルを使ってシャドーピッチングをする東
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位左腕・東(立命大)が60球のブルペン投球を行った。「今までで一番良かった。自己採点は前回より20点アップの70点」と小気味よく制球力を発揮した。

 16日にフリー打撃に登板し、23日の韓国・KIA戦(宜野湾)で初実戦を予定。「打者が立つと緊張感も感覚も違う。早く実戦で投げてみたい」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年2月14日のニュース