DeNA佐野“第3捕手”ラミ監督が打撃評価「使い勝手広がる」

[ 2018年2月14日 05:30 ]

挟殺プレーで捕手のポジションに入った佐野
Photo By スポニチ

 2年目のDeNA・佐野が今キャンプ初めて捕手として投内連係など守備練習をこなした。ラミレス監督は「(佐野は)打撃は素晴らしい。緊急時の捕手ができれば使い勝手も広がる」と説明した。

 試合中に故障者が出た際など緊急の「第3捕手」で備えることができれば、本職の捕手を3人から2人に減らせる。広陵高と明大2年まで捕手だった佐野は「可能性があるならどんなことにも挑戦したい。“何かあった時には”と言われています」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年2月14日のニュース