Dバックス平野、入団会見で背番「66」披露 抑えに名乗り

[ 2018年2月14日 05:30 ]

背番号66のユニホーム姿でポーズをとるダイヤモンドバックスの平野
Photo By 共同

 オリックスから海外FA権を行使してダイヤモンドバックスに移籍した平野が、アリゾナ州のキャンプ施設で入団会見を行った。冒頭は英語で「私の名前は平野佳寿です。ヨシと呼んでください」とあいさつし、「妻が英会話教室に通うので自宅で教えてもらう」と言って笑わせた。

 昨春WBCでもつけた背番号「66」のユニホームに袖も通し「中継ぎでは抑えが一番評価が高い。そのポジションにつけるように頑張る」と意気込んだ。33歳のオールドルーキーは「自分が活躍することで日本で応援してくれる方々が少しでも幸せになってくれたらうれしい」と目を輝かせた

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年2月14日のニュース