巨人ローテ候補明暗…山口俊1回ピシャリ、ヤングマン2ボーク

[ 2018年2月13日 05:30 ]

巨人紅白戦   白組4―10紅組 ( 2018年2月12日    サンマリン宮崎 )

紅白戦に登板した山口俊
Photo By スポニチ

 先発ローテーションを争う右腕2人の明暗が分かれた。昨年7月18日以来の実戦となった巨人・山口俊は、4回に登板。1イニングを10球全て直球を投げ、3人を打ち取った。「感覚はまずまず。野球ができる楽しさ、喜びを感じた」としみじみ語った。

 来日初登板となったヤングマンは1回を投げて1失点。セットポジションで静止できず、ボークを2つ取られての失点に「グラブの中でボールを転がしてしまった。修正できると思う」と反省した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年2月13日のニュース