元メジャー投手 コカイン所持などの容疑で逮捕 過去にはオールスターで先発

[ 2018年2月13日 11:36 ]

ドジャース時代のエステバン・ロアイザ元投手 (AP)
Photo By AP

 メジャー通算126勝を挙げたエステバン・ロアイザ元投手(46)が麻薬に関わる複数の容疑で逮捕された。USAトゥデー(電子版)など米国の複数メディアが12日に報じた。

 ロアイザ元投手は9日に米国のサンディエゴで逮捕され、自宅からはパックされたコカインと見られる白い粉が発見されたとのこと。約20キロものコカイン所持に加え、密輸、密売の容疑もかけられているという。

 ロアイザ元投手はメジャー14年間で8球団を渡り歩き、ホワイトソックス時代の2003年にはリーグ2位タイとなる21勝をマーク。同年はリーグ最多の207奪三振という活躍で、オールスター戦の先発投手も務めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年2月13日のニュース