DeNA 第2クールMVPにラミレス監督「投手は笠井、野手は楠本」

[ 2018年2月8日 16:46 ]

 DeNAの沖縄・宜野湾キャンプの第2クールが8日に終了。ラミレス監督は「このクールは投手は笠井、野手は楠本にMVPを与えたい」と振り返った。

 1月に育成選手から支配下登録されたばかりの2年目右腕・笠井は、7日のシート打撃に登板して最速147キロをマーク。指揮官から「非常に(投球の)バランスが良いし、投内連携の動きも良い」と絶賛され、「とりあえず自分のできることはやれた。実戦では打者との駆け引きを意識して投球したい」とさらなるアピールに燃えている。

 ドラフト8位ルーキーの楠本(東北福祉大)は、広角に打ち分けられる打撃が魅力。ラミレス監督は「素晴らしい打撃のテクニックを持っている。多くの人が思っている以上に素晴らしい打者だ」と太鼓判を押した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月8日のニュース