阪神・島田、初安打&初盗塁 金本監督「いいもの持っている」

[ 2018年2月8日 05:30 ]

5回2死一塁、島田は二盗を決める
Photo By スポニチ

 阪神・島田にとってはドキドキのプロ初実戦。緊張感が半端ではない中で、しっかりと結果を残すあたりは並の新人ではない。紅白戦で紅組の「9番・中堅」で先発し、課題とされた打撃でプロ初安打を放つと、最大の武器である俊足を生かし初盗塁も記録。初モノづくしの実戦デビューとなった。

 「めちゃめちゃ緊張しました。ただ、自分のプレーをしようと心に留めていた。速球にまったくついていけず、思った以上に力不足を感じました」

 自身にとって納得のいく内容でなくとも、結果がウエートを占める世界。初打席となった3回1死では岩貞の144キロ速球に手が出ず見逃しの3球三振に倒れたが、2打席目でアピールした。石崎に対し1ボールから4球ファウルで粘った後、変化球についていき右前打を放った。

 試合後、金本監督は「やっぱり、いいものを持っているね。俺なんか、大学生からプロに入った時に変化球なんて打てなかった」と称賛。ただ、褒めるだけじゃない。その後、2死から熊谷の初球に二盗を成功させたことについて触れ「俺が走れと言ったんよ。“行け、早く”って。(石崎の)モーションが大きいのに(前の俊介の打席で)行かなかったから」と強制的に50メートル5秒7の俊足を見るべく、盗塁を企図させたことも明かした。

 「将来的にはレギュラーを獲るんじゃない」と指揮官がその能力を高く評価する逸材。実戦に強いところを見せ、外野争いに名乗りを上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月8日のニュース