楽天オコエ“35度”打つの アッパースイングでアーチ量産へ

[ 2018年2月8日 05:30 ]

レギュラー定着に向けて何かと悩みの多いオコエ。朝から手を合わせて神頼み?
Photo By スポニチ

 ブルゾンちえみばり!?楽天・オコエが打球角度を上げることに取り組み「昨年は30度いかないことが多かった。今季は“35度”を目指したい」と語った。

 昨年8月26日の日本ハム戦で増井から打った本塁打は28度。今季は近年、大リーグで「フライボール革命」と呼ばれて流行しているアッパースイングで安打や本塁打の量産を狙う。「体の疲れがピーク」でフリー打撃では24スイングで安打性の打球は6本も「これからドンドン上がっていくと思う」。コンディションを上げて打球も上げる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月8日のニュース