西武・源田 辻監督の直々指導に感謝「身につけないと」

[ 2018年2月8日 05:30 ]

ジャンピングスローする源田
Photo By スポニチ

 西武は遊撃の源田が特守を行い、今キャンプ初めて辻監督から指導を受けた。ダブルプレーでの二塁手へのトスを集中練習。捕球が体に近く、二塁手にボールの出どころが見えにくいことを指摘され、捕球後すぐにボールを持ち替えて見やすくした。

 ゴールデングラブ賞8度の名手から1時間を超える直接指導。新人だった昨季の21失策から1桁に減らすことを目標に掲げ、「1年戦って弱点を知った上でこうやってくれている。身につけないと」と感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月8日のニュース