ロッテドラ4菅野 シート打撃で2安打、井口監督「振れてる」

[ 2018年2月4日 05:30 ]

ロッテ石垣島キャンプ シート打撃で二塁打を放った菅野
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト4位・菅野(日立製作所)がシート打撃で2打数2安打。13年最多セーブの益田から二塁打を放つなど、開幕スタメンへ猛アピールを見せた。

 「(益田の)1球目を見た時点で強いボールと感じた。コンパクトに振ることを心掛けました」。高めの直球を確実に捉え、右中間に運んだ。2打席目も西野から右前打。明大時代に東京六大学リーグ最多の通算28二塁打を放った即戦力の外野手は2日間で2二塁打含む4打数3安打と持ち味を発揮している。

 井口監督も「一番振れているね」と絶賛。前日のシート打撃でも同2位の藤岡裕(トヨタ自動車)が一発を放ち、新人が連日の活躍だ。複数の新人が開幕スタメンとなれば球団では69年の有藤通世(スポニチ本紙評論家)、広瀬宰以来49年ぶりとなる。(福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月4日のニュース