西武166キロ右腕カスティーヨ 異名は「ファイア」

[ 2018年1月31日 05:30 ]

入団会見を行った西武のカスティーヨ(右)とワグナー
Photo By スポニチ

 西武の新外国人・カスティーヨとワグナーが、埼玉県所沢市内の球団事務所で入団会見を行った。先発として期待がかかるカスティーヨは「ドミニカ共和国の仲間からは“ファイア”と呼ばれていた。好きなように呼んでよ」。最速103マイル(約166キロ)を誇り、剛速球を意味する「ファイアボール(火の玉)」から異名がついた。西武関係者はファーストネームのファビオから「ファビちゃん」と呼ぶ。マウンドに立てば「ファイア・ファビちゃん」だ。

 救援型のワグナーは昨年10月に婚約したばかり。「彼女も日本に来るのを楽しみにしている」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年1月31日のニュース