平野、オリ施設で今年初本格投球 メジャー球の特性確認

[ 2018年1月31日 05:30 ]

ダイヤモンドバックスの平野
Photo By スポニチ

 ダイヤモンドバックスの平野が大阪・舞洲のオリックス球団施設で今年初めて本格的なブルペン投球を行った。

 捕手が座った状態でカーブ、スライダー、フォークボールを交えて33球。メジャー公式球では直球が動くことも再確認し「勝手に曲がってくれればいいと思う」と笑顔を見せた。今後は同施設で練習を行い、2月14日(日本時間15日)のキャンプインに合わせて渡米する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年1月31日のニュース